本文へスキップ

気功と生命のエネルギー効果

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090-1083-1159

〒869-1218熊本県菊池郡大津町吹田1199−9

気功を応用したエネルギー治療法

気功とエネルギー効果
このサイトでは気功による医療効果を中心に考えてみましょう。

その方法では、大きく分けて3種類の気功法がありますが、自分自身で意識的に気を体内に循環する鍛練法を「内気功」と言いまして全国至る処で気功教室などで気功健康法を受講している人がいますね。
これらは自分の意識で天地宇宙エネルギー取り入れて経絡を循環させて自然治癒力を高める健康法です。

  
自分自身の意識で気のエネルギーを高める自発気功の発表会の風景です。


それから武術気功と言うもので良く気合で相手を倒す!等人間業を離れた演武を見た事ないでしょうか。

  
これは人間の意識、精神の次元の開発、鍛錬によって身体(肉体)に超能力を得る気功法です。


それらとは別に、気功家や専門家が人や物に対して気を送る法を「外気功」と言います。
即効的に気功療法で治してもらいたい人が気功療院や気功治療院に行って気功療法を受けますが、その治療院で行われる気功が殆どこの外気功で先生が気功療法してくれていると思います。

自分自身で鍛練する「内気功」はそれだけに習得し、効果を出す為には期間が必要になります。
でも専門家から気を送ってもらう「外気功」は素人の人でも直ぐに効果を体験する事が出来ます。

それら気功の効果としては数多くの実績が発表されています。

遠い所にいる患者さんに「遠隔気功」にて気を送る方法も現実味を浴びています。

右の写真は「遠隔気功」の模様を送り手の気功師と室内に横になっている患者さんとの同時中継です。

       
       外気功の実演                     幼児に対しての外気功


この様に鍼灸や気功、レイキ等の影響を受けて身体には色々な変化が現れて来ます。


 左は緩やかな動きの自発気功である太極拳での変化写真です。

 受ける前と受けた後のGDVによって検出された
 エネルギー量の変化です。
 受ける前の弱いオーラエネルギーが随分改善されています。

 生命エネルギーが高まる事は、
 エネルギーの流れが良くなり、抹消神経、抹消血管迄の
 エネルギー循環が高まって来ます。







 又、気のエネルギーの循環に合わせて、
 同時に血液の循環も旺盛になります。

 左の写真は気功を受ける前と
 気功を受けた後の手の温度の変化を表した
 サーモ写真ですが、身体の変化はハッキリと分かります。



これらは各種療法で経絡を流れる生命エネルギーの循環が良くなる → 体内のエネルギー質量が高まる →、血液やリンパの循環が高まる → 体温上昇と言う結果です。

この様に身体の血液やリンパ液の循環機能が高まり、体温が上昇する事は同時に自然治癒力が増強して来た事を表しています。

要するに病気を改善する為にはこの様に自然治癒力を増強する事によって、その身体自身が疲れをとったり、病気等を改善してくれるのです。




       
       エネルギー治療を受けると人間の細胞内にはカルシュームイオンが増加して
         細胞が活性化する事がアメリカ
は確認されています。


  
 気功前と気功受けた後の血圧・血液検査でもかなりの効果ある事が発表されました。


 脳波の波形成分分析で気功で瞑想中の脳波の変化です。
  
気功中の脳の波形分析で左から「シータ波」「アルファ波」「ベータ波」のパワーグラフです。
普通一般的に睡眠中の脳波と気功を受けての瞑想(睡眠)中のシータ波が格段にエネルギーが高くなっている事に注目して下さい。
普段体験した事の無いリラックス感、最高なリラクゼーションの境地になっている事を脳波計は示しています。
ご本人はとても気持ち良く、深い眠りの世界の「無」の境地に居ると思います。

アメリカの代替医療研究チームによれば、これらの気功効果によって今の病気の約50%〜70%が予防出来、しかも早く治る!との試算が出ています。
近代医学でも治らない病気があるので、それらの分野を「気功」で解決出来るとしています。

薬も手術も必要ない「気功」がアメリカを中心に注目され始めています。

又イギリスでは、主治医の医者が「気功」治療を必要とした場合は、その気功治療に対して「医療保険」から他と同じ治療費として保険内から支給されています。


でも日本の場合、代替医療についてはかなりの遅れがあります。
これは政策的にも、又気功については特に国民の意識が低い為に残念ながら仕方無いと思います。

それでいて、益々高額医療も盛んになり、医療保険もうなぎ登りに増加している現状で、近い将来の年金保険制度まで危ぶまれているのが実情です。

そんなご時勢だからこそ、東洋医学や気功等の「代替医療」が必要な時代を迎えているのです。
 



東洋医学の原理とは

 そこで東洋医学の気功やレイキ、鍼灸や指圧でどうして疲れが取れたり、病気が治るかを考えてみたいと思います。

鍼治療では細い針を経絡上のツボに何本でも射しますが、経絡や経穴に針を打ってその刺激だけで治しているのでは無く、射した金属性の針がアンテナ役となって周囲のエネルギーが集まって来るのです。

そのエネルギーが経穴・経絡を流れて行く事によって生命エネルギーが高騰して陰陽、経絡循環ルートのエネルギー強弱の調整を行って治癒力を高めています。

灸も火を焚く事によって,その火に周囲のエネルギーが集合高騰して来ます。
その後に灸を据えている経絡のエネルギー質量が高まるのです。
同時に百草(もぐさ)薬効成分のエネルギーも同調して流入し、それだけ治療効果が上がる事になります。

指圧では固く膏血した部位や経穴(ツボ)等に圧を加えて離す、等の作法でエネルギーの集合と高騰によって回復力を高めています。

やり方としては指先等で気持ち良い強さで凝っている患部に圧を加えます。
圧を加えて数秒間そのままの状態でいると、その部位にエネルギーが段々集まり、そしてパッ!と素早く離して開放すると周囲に集まっていたエネルギーを一瞬に身体が吸収するのです。

又、これらの療法を行う場合は施術受けている人が「気持ち良い」力加減が一番効果が高い様に思います。


この図は東洋医学で言われる天地人三才の図で天からの気と大地の気を受けて私達生命は宇宙自然のエネルギーの流れの循環システムの一員となっている教えです。

天から降り注ぐ「気」エネルギーが人体の背中側の陽系経絡を流れて足底から地球の大地に抜けて行きます。

地球の大地からは反対に足の底から人体の前側である陰系の経絡を上昇して指先から抜けて天に抜けて行くと言う、天と地のエネルギーが常に私達人間の経絡のルートを循環しながら生命エネルギーの補給と浄化をしています。

つまりこれらの現象は宇宙、大自然のエネルギーと人間生命のエネルギーが直結して、エネルギー循環で宇宙と結ばれている!と言う事です。

そう言う訳で、気功療法も天と地から受けるエネルギー循環を活発にする健康法です。

反対にこんな事を知らないで、人体と宇宙エネルギー循環システムが正常に作動しなくなって、エネルギーの質量が低下したらその人体はどうなるでしょうか?

だから常にエネルギー循環とエネルギー補給を高めて人体のオーラエネルギーを高く保持して生きて行く行動が健康寿命を延ばす秘訣となります。

又、人体は病気を改善(治す)する為にはかなりのエネルギーを必要とする事も忘れてはいけません。

その為に気功等で人為的に人体自身のエネルギーを高める行動をとっているのです。


野生の動物たちに病気が無いのはどうして 
   

そこで野生に生きる動物たちに病気が少ないのはどうしてか?

それは動物たちは素足で野山を駆け巡る生活が常時だからです。

常に大地の上を素足で歩く、走るの生活なので先程述べたように気のエネルギー循環が常にスムーズに行われて、エネルギー呼吸が盛んなので病気をする暇がないのです。

例え、お腹を壊したり、気分が悪い時には気分が良くなる迄、土を少し掘ってその上にじ〜っと伏せて自分の身体の持つ自然治癒力で治しています。

そんな野生で生きていた動物を保護して動物園の檻の中のコンクリート部屋に飼育する様になってから病気を知る事になるのです。
要するに、土の上の生活からからコンクリートの上の生活へと変化して来たからです。

この様に考えると私達も歩く時にはなるべく土の上を素足で歩く習慣を取り入れて見る事も健康への第1歩となるのです。

土の上を歩く事で、体内の汚れたエネルギーが着地した足の裏から抜け出て大地にアースされて行くのです。
そして片方の足裏からは大地から新しい新鮮なエネルギーが吸入されて全身に循環して行くのです。

話は変わりますが、電気器具なんかもアース配線して余分な電子イオンを地中にアースをして逃がしますね。

人間も同じで肉体に停滞した余分な電子イオンは体内から逃がしてやらなけばなりません。

貴方の家の近くに砂浜の海岸があったら素足で身体が温まる迄毎日散歩する時間を作りましょう。
あるいは近くの運動場、グラウンドでも良いし、公園の広場や芝公園でも良いし、土の上か芝の上でも近くにあったらその場に素足で足ふみでも良いです。

毎日、身体が温まる迄、歩く時間をもって余分なエネルギーを大地にアースする事を心がけるだけでも気功をやったのと同じ理屈になって来るのです。

いつも革靴履いてコンクリートの中で生活している人にとっては自然に帰る一番簡単な方法で、お金の掛からない最高な健康法と思います。


 


最後にどうして東洋医学の気功やレイキ、鍼灸で病気が改善されて行くのか?についてまとめてみたいと思います。

もう1度、私達の肉体が形成されている過程をご覧ください。
そして現代西洋医学と、東洋医学の治療方法の違いについて考えてみたいと思います。

1)西洋医学
無・空 → 微粒子 → 素粒子 → 電子 → 原子 → 分子 → 元素 → 肉体

                                      ↑↑西洋医学の領域

先ず、殆どの病院で行われる治療法は肉体だけを見た治療法で、肉体の一部を切り取るか、焼くか、放射線や薬品で殺すか、熱があれば解熱剤、血圧が高ければ降下剤、炎症があれば抗炎症薬、等、肉体の症状に対して治療方法や薬剤を選ぶ対症療法が中心ですので救急医療等には最高な分野です。

2)東洋医学(エネルギー療法)
無・空 → 微粒子 → 素粒子 → 電子 → 原子 → 分子 → 元素 → 肉体
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑エネルギー療法の領域

東洋医学の気功やレイキ等の療法は、直接肉体の症状に対して行う現代西洋医学と違って、手術や注射、薬品類等一切使用せずに、その人の肉体全身のバランスを整え、生命エネルギーの陰陽強弱の調整で自然治癒力を高めて治す療法ですので慢性病など急を要しない病気に向いています。


特に気功やレイキ等はダイレクトに生命エネルギーの質量を高める「エネルギー療法」とも言え、肉体を作っている基のエネルギー全般を改善するので結果的に肉体にも変化が現れて来る事となります。


私が施術した甲状腺癌の一例
最後に気功効果として私が直接指導した患者さんの例をご紹介いたしましょう。

この女性は昭和19年産まれで甲状腺癌です。
2011年乳がんを患って放射線療法で治療を終わりましたが2012年後半から甲状腺癌が再発、
担当の先生の話では「28日周期の抗がん剤治療でMAX6回必要、しかし体力が持つか??」
と言う事で代替医療で少しでも快方するなら! と私の所へ相談に見えました。

2013年1月から経絡療法と気功療法で私が担当する事になりました。

         
         施術して60日後喉元から顔にかけてまだ腫れが目立ちます。



          
       施術後75日経過して随分と腫れが小さくなって来た事がお分かりでしょうか。



           
      施術後100日(3か月)経った頃には随分腫れが小さくなり、目立たなくなって来ました。


全ての人がこの様に効結果が出るとは断言出来ませんが、その人が100%気功師を信じて、
必ず治ると言う意志と、言われるとおりに精一杯努力した結果が出て来ただけなのです。


又、ある方は腹水が溜まってお腹がパンパンに膨れ、体重も30キロ台迄落ちた60歳前の女性でしたが、この人は病院に行ったらもう自宅へ帰って来れないと自分で考えて私の所へ来られました。
勿論、毎日私の所で経絡療法と気功療法の施術受けて1か月後にはパンパンに膨れていたお腹がふわふわになり、そして縮小して行きました。
3か月後にはスッカリ元の元気な状態に戻って仕事する元気が出て来たのです。


この様に副作用無く重症な方から、腰痛や肩こり、疲労回復など幅広く対処出来るのも気功の利点です。



          若さと健康維持の為に若い人にはヨガも人気高騰中!
 
    ヨガによる呼吸法や動きもエネルギー呼吸を盛んにして健康に役立つ運動法です。



                   生命とエネルギーこれからの医療

気功と生命のエネルギー共振ビルダークリニック


生命はエネルギーの塊である

■管理人の施術院は「大阿蘇整体院」ですので施術を受けたい方は大阿蘇整体院へどうぞ。



■気功・整体歴35年の経験と信用の施術院です。
大阿蘇整体院

■知って損はしないお得な体に必要な天然塩の秘密。
塩の魔力

■知って損はしない自然葬のお勧め!。
自然葬のお勧め!

■熊本を中心に風景写真の写真集をアルバムにしました。
風景写真の風来坊


広告
■ドラッグストアーのマツモトキヨシ公式通販サイトです。
■マツモトキヨシ公式通販サイト
  



■ドラッグストアー爽快ドラッグの公式通販サイトです。
  




■健康な暮らしを支える為、様々な機能性商品を皆様にお届けしているファイテンのオフィシャルストアーです。